脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザー脂肪吸引の失敗をブログを集計して6個まとめてみた

ベイザー脂肪吸引の失敗

このページではベイザー脂肪吸引の失敗について、マル秘情報を提供しています。

ベイザー脂肪吸引とは脂肪を柔らかくし吸引しやすくする方法です。失敗やリスクは通常の脂肪吸引と似ている所が多いです。

評価の高い脂肪吸引法ではありますが、ベイザー脂肪吸引に失敗してしまった修正したいという方も多いです。まずは治療・手術を行ったクリニックに相談をすることが大事です。
ベイザー脂肪吸引の失敗の相談が寄せられることもあります。

ベイザー脂肪吸引の失敗

ベイザー脂肪吸引の失敗例とは?

VASERは細胞壁や血管への負担が少ない理想的なダイエット方法ですが、トラブルはつきものです。ここではベイザー脂肪吸引の失敗についてまとめます。

火傷

ベイザ―超音波を流すための器具が熱を持つので、通常の脂肪吸引では起こりえない、火傷がまれに傷口近くに起こることがあるといわれています。

その他にも吸引力が強くダウンタイムが短い脂肪吸引の種類であるライポマティック脂肪吸引やレーザースタイリングでは火傷が起こりません。

吸引部の皮膚におうとつ

吸引部の皮膚におうとつができてしまう事が有ります。

ベイザー脂肪吸引を売る上での医師の技術的な原因です。

腫れ、内出血が長引いた

強引なベイザー脂肪吸引により腫れ、内出血が長引いてしまう失敗が有ります。

一時的な腫れであったり、無料で修正手術を行える場合もあります。従来の脂肪吸引に比べ、安全性は高まっているとはいえ、失敗してしまった時には、医師に相談し慎重に対処していくことが大切です。

ベイザー脂肪吸引の失敗例の内のひとつ、「セルライトが取れない」とは?

セルライトが取れないと効果が実感出来ない事が有ります。

セルライトは脂肪細胞と老廃物がまとまった状態になっているもので、一般的な脂肪吸引ではセルライトが取れないために思ったような効果を得ることが出来ないと感じている人も多いようです。ベイザー脂肪吸引では、脂肪が固い、セルライトが取れない人にもおすすめです。ただし、場合によっては一度の施術では効果が見られない可能性もあります。必要に応じて、その他の施術を組み合わせて行われることもあります。

左右差が出来る原因とは何か

これまでの脂肪吸引よりも高い脂肪吸引効果を得ることが出来るとして、注目されているのが、ベイザー波を当てながら行われるベイザー脂肪吸引という方法です。しかし、それゆえにトラブルもあります。その中のひとつが、左右差が出来るということです。元々人の体は左右対称には出来ていません。それにも関わらず、左右同じように脂肪を吸引してしまうと、左右差が強調されてしまう可能性があるということです。

施術部位がでこぼこになる可能性もある

脂肪吸引を行った場合、その部位がでこぼこになる事があります。このような事が起こる原因として考えられることとしては、脂肪の取り過ぎもしくは取る量が少なすぎる、脂肪吸引後のケアが適切ではなかったという事が挙げられます。特にベイザー脂肪吸引はこれまでよりも短時間で施術を終えることが出来るということを謳っている事が多いため、脂肪の取り残しが多くなる傾向にあり、でこぼこになってしまうことが多いようです。

ベイザー脂肪吸引失敗

ベイザー脂肪吸引を失敗しない名医とは?

ベイザー脂肪吸引は、他の脂肪吸引の治療よりも高い値段設定がされています。部位によって値段が異なりますが、太ももやお腹の一部などの体積が小さい場所の治療が安いものになっています。ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波と呼ばれるものを脂肪にあてることによって、脂肪を乳化させて、簡単に体外に吸引しやすいものに変えて、行います。無理に脂肪を引きはがすような治療法ではないため、失敗することが非常に少なく、安心できる治療を実施することが可能です。ベイザー波には、皮膚を引き締める効果や、止血をするような効果があるため、治療内容の満足度が非常に高く、評判が良い治療方法になっています。吸引した脂肪を胸に注入することも可能なので、いろいろな治療に応用することができます。

上手な医師の見つけ方について

脂肪吸引は、部分痩せをしたい人におすすめの施術です。しかし、リスクも高く、失敗した場合には命の危険もあるほどです。そこで、施術を受けるという場合には、名医と呼ばれる人に依頼するようにしましょう。豊富な技術・実績がある医師であれば、安心して任せることが出来ます。ただし、医師も患者も人と人ですから、相性の良し悪しもありますので、何人かの医師に相談してから依頼するところを決めても良いでしょう。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果

ベイザー脂肪吸引の失敗 箇所・部位別

ベイザー脂肪吸引の失敗には箇所・部位別に下記の種類があります。

ベイザー脂肪吸引の失敗 顔(頬)

凸凹やたるみや頬のやつれ

顔(頬)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 顔(顎)

凸凹やたるみや二重顎

顔(顎)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 二の腕

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

二の腕の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 胸部

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

胸部の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 背中

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

背中の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 お腹(腹部)

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・くびれが作れない

お腹(腹部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 ウエスト

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・くびれが作れない

ウエストの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 腰(腰部)

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・くびれが作れない

腰(腰部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 お尻(臀部)

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・ヒップアップ出来ない

お尻(臀部)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 太もも

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

太ももの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 ひざ

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

ひざの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 ふくらはぎ

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ

ふくらはぎの脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 足首

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・効果や変化が無い

足首の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引の失敗 足(脚)

凸凹・たるみ・取り残し・取り過ぎ・効果や変化が無い

足(脚)の脂肪吸引 解説ページへ進む

ベイザー脂肪吸引のご相談はこちら

過去に比べ安全性が向上し、ただ脂肪を吸引するだけではなく、アフターケアでも美しさを保つお手伝いをしてくれるクリニックが増えています。評価や口コミが命な美容外科業界、しっかりと評判をチェックしたいですね。

ベイザー脂肪吸引をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*