脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

ベイザーリポのダウンタイムにしてはいけないこと

部分痩せを成功させるのは通常の食事制限や運動などのダイエットでは難しいものがありますが、脂肪吸引を行えば痩せたい部分だけをしっかり痩身することができます。
脂肪吸引にも様々な種類がありますが、ベイザーリポはベイザー波を用いて皮下脂肪を液状化し根こそぎ脂肪を吸引していきます。ベイザー波は脂肪細胞にしか影響のない特殊な超音波ですので他の組織に影響しにくく、出血も少なく抑えることができます。ベイザーリポは通常の脂肪吸引に比べてダウンタイムが短く抑えられるのもメリットです。内出血も少なく済みますし治療後の腫れやむくみもかなり抑えられます。引き締め効果もありますので、治療後に肌がたるむ心配もありません。治療時間も従来の脂肪吸引よりも抑えられています。脂肪吸引の中でも特に人気の高い治療ですが、治療後のアフターケアが良くないとダウンタイムが長くなってしまう場合もありますので、医師のアドバイスはしっかり守り、正しいケアを行っていきましょう。
ベイザーリポのダウンタイム

アフターケアは万全に

ベイザーリポは通常の脂肪吸引と比べると内出血や痛みは抑えられていますが、やはりある程度は体にも負担があります。
回復を早めるためにも痛みや内出血を抑えるためにも治療後のケアはしっかり行いましょう。
そして、アフターケアが十分に行われていないと、ダウンタイムがより長くなってしまうこともありますので、治療後のケアは万全に行いましょう。
ケアが良くないと皮膚が固くなってしまったり、不自然な仕上がりになってしまうこともあります。
まず、ベイザーリポは体への負担はかなり抑えらていますが、入浴を行うと血行が促進され、より腫れが強く出てしまうことがありますので、抜糸までは入浴を控えましょう。喫煙や飲酒も治りを悪くしてしまいますので、こうした行為も控えたいところです。
さらに治療後しばらくは労働や運動などを行わず、安静に過ごしましょう。
そして脂肪吸引のあとは圧迫が必要となりますし、マッサージやトリートメントについても医師の指導に従い行っていきましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*