脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

足首の脂肪吸引のダウンタイム、大体どのくらい?

きゅっと締まった足首は女性ならずとも、男性の視線も釘付けにしてしまう魅力があるものです。そんな理想の足首を手に入れようと、様々なエクササイズを試した経験のある女性も多いでしょう。しかし、足首の様な部分的な部位のダイエットと言うのは非常に難しく、効果を得難いものなのです。最近話題の脂肪吸引施術を行えば、短期間で理想の美脚を手に入れる事が可能となります。短期間で苦労せずと言う事で、若い女性を中心に人気が広がっていますが、このような外科的施術には、当然、デメリットも有る事を知っておく必要が有ります。その一つとして挙げられるのが、「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは施術によって引き起こされた様々な症状を緩和・解消する為にかかる期間です。この期間には、個人差もありますが、全体の症状が治まり、解消されるまでにはおおよそ3ヶ月以上が必要とされています。期間中にはいくつかの制約も有り、日常生活に支障を来すケースもありますので、脂肪吸引施術を行う前に充分にダウンタイムに関しての知識を得ておくのが得策でしょう。
足首の脂肪吸引のダウンタイム

術後経過はどうなるのか

足首の脂肪吸引施術によって、引き起こされる症状は主に痛み・腫れ・内出血・かゆみ・拘縮(筋肉の収縮)・傷跡などがあり、それぞれの症状に応じて一定期間のダウンタイムが必要となります。施術後の痛みに関しては最初の3日程は強く感じますが、処方された鎮痛剤等で緩和し回復を待ちましょう。その後は、2週間程度、筋肉痛の様な鈍い痛みが続きます。腫れ、内出血に関しては、最初の一週間程は見た目に酷い状態になりますので、外出時には患部が見えないような服装がいいでしょう。症状は2週間程度で自然に解消されて行きます。傷口のかゆみに関しても、1?2週間程度で自然に緩和・解消されて行きますが、強いかゆみを感じたり、傷口がかぶれたりするようであれば医師に相談しましょう。施術後、2週間程してから始まる筋肉の収縮(拘縮)、患部にこりこりとしたようなしこりを感じますが、2ヶ月程度で解消されます。症状緩和に繋がるマッサージを行う事も有効です。足首脂肪吸引によって残る傷跡に関しては、半年程度で見た目に気にならない状態となり、1年程度でほとんど目立たなくなります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*