脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

腫れは?内出血は?足・脚の脂肪吸引のダウンタイム

足・脚の脂肪吸引は施術を受ける範囲が広いほどダウンタイムも長引く可能性がありますから、医師から説明をよく聞くべきです。手術を受けると脂肪細胞の数が減るため、かなりの効果が期待できますが、術後はむくみも発生するのでどれくらい細くなったか正確に判断できるのは3か月ほど経過したころになります。

人によっては麻酔が切れてからでも痛く感じないという人もいますが、激痛を感じる人もいて薬によるコントロールが必要になります。歩くのが困難なほど痛く感じるのは術後から3日程度で、ちょっと動いても痛みを感じるのは1から2週間ほどでとなり、違和感や鈍い痛みは1から2か月くらいは感じる人が多くなります。

足・脚の脂肪吸引は術後翌日からアフターケアで通院が必要になる場合も多いので、前もって確認して休みを取得しておくとよいです。ケアを怠ってしまうと綺麗な足・脚のラインにならない場合もあるため医師の指示に従い、圧迫着も忘れずに装着します。
足・脚の脂肪吸引のダウンタイム

術後経過はどうなるのか

足・脚の痛みが医師から説明を受けたよりもひどい状態の場合は、早めに診察を受けて対応してもらうべきです。内出血は脂肪吸引を行った部分だけでなく広がるため驚く人も多いですが、重力の影響などで下に広がりやすい傾向があるためそれほど心配する必要はなく、濃い色は2週間ほどでなくなってきて、薄い色も目立たなくなるのは1から2か月経ってからです。虫刺されの痕なども1年近く残ってしまう人は内出血の痕も残りやすいため、必要であれば塗り薬などをもらうとよいです。

アフターケアとしてマッサージは大切ですが、腫れが残っている状態で行うとダウンタイムを長引かせる可能性があるため避けなければならず、医師の判断で開始された場合でも痛みがあるときには数日様子をみて時期をずらしてもらいましょう。

足・脚の脂肪吸引に失敗してしまうと思わぬ障害が残ったり、皮膚の引きつれが起きることがあります。時間の経過やマッサージにより回復することもありますが、不安が残ることにならないように名医に施術してもらうべきです。相談所でご紹介している名医であれば納得できる施術を受けられる可能性が高まりますから、気になるときにはお問い合わせください。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*