脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

浅層脂肪吸引の修正って難しいの?

皮下の脂肪層は、浅層、中間層、そして深層に分類することができます。従来の脂肪吸引では、中間層と深層のみを吸引するのが一般的でした。しかし皮下の深い部分の脂肪を吸引するこの方法では、吸引後、皮膚がたるんでしまうことも多く、そこがデメリットのひとつになっていました。それを解決したのが浅層脂肪吸引です。これは皮下の浅層の脂肪のみを吸収する方法で、1991年にイタリアで開発された脂肪吸引法です。この方法では、浅い部分の脂肪しか吸引しないので、吸引後の皮膚のたるみが最小限に抑えられると言うメリットがあります。そのため脂肪量が多く、けれどそれ故に、従来の脂肪吸引では皮膚のたるみが発生してしまうことも多かった下腹部やお尻などを、皮膚のたるみを起こすことなくサイズダウンできる方法と言うことができます。ただし浅層脂肪吸引では、まんべんなく脂肪を吸引しないと、吸引後に皮膚の表面にでこぼこが出てきてしまうと言うデメリットもあります。この場合、その程度に納得できなかった場合は修正手術が必要となります。
浅層脂肪吸引の修正

簡単にできない理由

浅層脂肪吸引後の皮膚表面のでこぼこは、しっかりとした技術力のあるドクターであれば、まず引き起こされることはありません。しかしそれでも発生してしまったと言う場合には、アフターケアとして修正手術を用意しているクリニックも多くあります。ですからまず、浅層脂肪吸引を受ける際には技術力のあるドクターがいて、そしてアフターケアも万全なクリニックを選ぶことが重要です。また、修正手術はそう簡単に行えるものではないということも頭に入れておく必要があります。浅層の脂肪を吸引してしまっているため、それ以上、吸引できる脂肪量がない場合は、中層、深層の脂肪細胞を破壊しなければならず、そうなると今度は皮膚のたるみと言うリスクが発生する恐れも発生します。また一度、破壊してしまっている脂肪細胞に再び、手を入れることは、体に大きな負担がかかることにもなります。こうしたことを考えると、難しい修正手術は本手術以上の技術力が要求されると言うこともできます。ですから、その点に関しても事前にクリニック側に確認しておく必要があります。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*