脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

浅層脂肪吸引の効果にはどんな事が期待できる?

脂肪吸引をする場合、術後に皮膚のたるみが生じることがあります。これは吸引する脂肪が深層であることが原因です。深層部の脂肪を吸収した場合は、皮膚表面の層の脂肪はそのままに残るため、この残った表面層の脂肪の重みで皮膚が沈みたるみが生じます。これを解消した脂肪吸引法が浅層脂肪吸引です。浅層脂肪吸引は皮膚表面層の脂肪吸引が可能で、従来の深層での脂肪吸引で起こる皮膚のたるみが発生しない効果が期待できます。皮膚表面層の脂肪吸引は高度な技術が必要ですが、機器の技術の進歩により浅層脂肪吸引が安全に行なうことができます。個人差はありますが、術後の腫れや浮腫は約3日程度で落ち着き、筋肉痛程度の痛みはありますが、痛み止めなどで緩和することがきます。脂肪吸引後の皮膚のたるみをなくしたい、気になる部分の脂肪をなくしたい、ダウンタイムは少なくしたい、確実な効果が欲しい、大がかりな手術はしたくないなどの場合に適した脂肪吸引法と言えます。

浅層脂肪吸引の効果

イタリア開発の施術法

浅層脂肪吸引は、イタリアで開発された脂肪吸引法で、皮下脂肪の浅い部分を吸引する方法です。浅層脂肪吸引は通常の脂肪吸引と併用することができる方法で、脂肪を吸引することで皮膚のたるみを抑える効果が期待できるため、たるみが起きやすい下腹部などに適応する施術です。浅層脂肪吸引は、浅層脂肪を取り除くため、万が一取り残しがある場合は皮膚が凸凹することがあります。施術を行なう医師には技術と経験がなければ難しい施術とも言えます。

皮膚のたるみを抑えることができる脂肪吸引法ですが、浅層の脂肪吸引なので技術が未熟な医師が不均一な吸引をすると皮膚表面に凸凹が出やすくなります。均一に脂肪を吸引する技術のあり、個人個人に適応した施術を見極めることができる医師を相談できるサイトがあります。カウンセリング時にリスク、保証内容の説明などができる医師は名医で、サイトで相談して技術の高い名医を紹介してもらうことが重要なことです。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*