脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

アキュシェイプの修正は簡単?

アキュシェイプは、アキュスカルプⅡという新型のレーザー機器と使って行う痩身施術です。極細のレーザー管を挿入して、レーザー照射によって脂肪を溶かして体外排出を促します。脂肪吸引法と比べて、出血や痛みが少なく、表層の脂肪も細かく融解できます。それによって、スリムなボディになるだけでなく、皮ふも引き締められる事になります。アキュスカルプⅡで照射できるレーザーは、1444nmという特殊な波長になっており、脂肪や水分に効率よく吸収されます。それにより、低出力ながらも脂肪が効率的に溶解されるので、広範囲に肌の引き締め効果が現れるわけです。当施術法は、一般的な脂肪吸引よりも多くの脂肪を除去することができるので、一回の施術で高い効果が得られます。それ故、治療を繰り返す必要がないため、経済的負担も軽くて済むことになります。また、脂肪層の薄い二の腕等にも適用でき、自分の希望に添った痩身プランが立てられるわけです。何よりも、脂肪吸引法のように太いカニューレを挿入することがないので傷痕が殆ど残りません。アキュシェイプを受けて修正したい場合、先ず、担当のドクターに相談する必要があります。
アキュシェイプの修正

アキュスカルプⅡってなに?

一般的な脂肪吸引では、大量に脂肪吸引すると、皮ふにタルミが生じる場合が多くあります。特に高齢の方のケースに目立っており、吸引施術と同時にタルミの除去施術も必要になっています。それに対して、アキュシェイプではコラーゲンの増生を促進する作用があるので、皮ふを引き締めタルミを無くすわけです。
アキュスカルプⅡは、米国のFDAの認可を受けており、安全性が確保されていると言えます。日本の美容医療業界では、新しい医療技術に関して審査が厳しくなっており、認可までに時間がかかります。それでも、FDAの認可を受けていれば世界的に通用するものとなるので、安心して美容クリニックで導入できると言えます。実際の施術の流れとしては、施術範囲の麻酔を施すことから始まります。そして、目立たない部位の箇所を2?5ミリ程切開して、レーザー管を挿入することになります。それから、脂肪やセルライト層にレーザーを照射して、患者が希望する範囲を溶解していきます。
アキュシェイプの施術を受けて修正したい場合は、担当にドクターに相談する事が必要です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*