脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

【3つの失敗例】アキュシェイプに失敗して後悔したくないなら

アキュシェイプは2009年に国内の美容クリニックで初めて導入されて以来、現在も使用されている新型レーザー装置を用いて行われる痩身治療であり、特別なレーザーの波長が水や脂肪に効率良く吸収される特徴を利用して、低出力ながらも効率良く脂肪を溶かすことができる方法であり、合わせて皮膚の引き締めにもなり、体型に合わせて部分的な脂肪を無くすことが期待できます。

1回の施術でも目に見えた効果が実感できるやり方ですが、何度か施術を受けることで確実性が増します。

傷はレーザー管を挿入できるほどしか切開しないためあまり目立たなく、ダウンタイムも内出血や腫れが2週間ほどでおさまるため、それほど長くないことも優れている点です。

アキュシェイプも失敗する可能性があり、一度に広い範囲を行ってしまったりするとバランスが悪くなりやすいため、様子を見ながら細やかな対応が必要となってきます。

とくにお尻など脂肪の範囲が広く、立った時に重力で垂れ下がる可能性がある場所は注意が必要な施術範囲です。

アキュシェイプの失敗

シュミレーションが大事

広い範囲を一挙にレーザーを用いて脂肪を溶かしてしまうと、左右のバランスが取れにくくなり、脂肪を溶かしすぎてしまうと体に負担をかけることになります。

レーザーによる火傷も懸念されるほか、アキュシェイプで施術後にサポーターや包帯で圧迫固定する際にも、綺麗なラインで早めに回復するように施すもので、きちんと対応してくれないクリニックだと仕上がりが失敗してしまう可能性が高くなります。

カウンセリングにおいてデザイン相談を行えなかったり、一方的に医師が勧めてくるデザインで了承してしまうと後で後悔することになるので、シミュレーションを十分に行って理想の形に近づくけるように医師に対応してもらうべきです。

すべての美容クリニックにおいてアキュシェイプが導入されている訳ではありませんし、中でも名医といえる医師も限られていますから、失敗しない医師選びを行いたいときには相談所でご紹介していますから、気軽にお問い合わせください。

アキュシェイプに失敗したらどんな状態になるの?

今よりスリムになりたい、とダイエットを頑張っても食事療法や運動などの一般的な方法では部分痩せを成功させることはできません。

部分痩せには美容外科での脂肪吸引が効果的なのですが、ダウンタイムや痛みを考えると、どうしても躊躇してしまうものです。

そこでおすすめなのが、アキュシェイプという痩身治療です。

アキュシェイプはレーザーの熱によって脂肪を溶かして吸い出す施術です。

通常の脂肪吸引よりもずっと細いレーザー管を使用し、脂肪を無理やり引きはがすのではなく、溶かしてから吸い出すので、皮膚や血管、筋肉などの組織にかかる負担を最小限にすることができます。

ダメージが少ないことによって、術後の腫れや痛みといった症状もほぼないのがこの施術の特徴です。

アキュシェイプはたるみが出にくく、傷跡も目立たないと言われていますが、これは熟練の医師が担当した場合に限ります。

アキュシェイプに失敗したらどんな状態になるの?

たるみや凹凸

未熟な医師が治療すると失敗を招くことがあります。失敗例として多いのが、たるみや凹凸が出てしまったというケースです。

これは脂肪の取りすぎが原因で未熟な医師による施術では、起こりがちなことです。

このような場合には修正手術が必要となりますので、はじめから失敗しないために腕の良い医師を選ぶことが大切です。

デザインや吸引量に満足できない

また、事前の医師とのカウンセリングが不十分だったため、デザインや吸引量に満足できなかったという人もいます。

丁寧なカウンセリングで仕上がりイメージを共有できる医師を選択しましょう。

施術の際のトラブルを防ぐためには、かなりの技術を持った名医に担当してもらう必要があります。

まとめ

経験年数、カウンセリングの対応、症例写真などを参考に、優れた技術を身に付けた医師を選ぶことが成功のカギとなります。

当相談所では全国の名医の紹介をしておりますので、アキュシェイプを受ける際にはお気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*