脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

アキュシェイプのアフターケアはなぜ大事なの?

アキュシェイプは、レーザーを脂肪組織に照射することで脂肪の溶解を促す痩身治療法です。

1444nmの波長をもつレーザーを使用して行ないます。施術によって溶かされた脂肪の吸引は、専用の機器を使用して行ないます。

一般的な脂肪吸引で行なう施術とは異なり、皮膚や組織に負担を与えずに吸引できるのがポイントです。

また、溶解した脂肪を全て吸引できなかった場合でも、アキュシェイプは、体内で溶けた脂肪や循環し、身体の代謝機能によって数ヶ月かけて排出されるため、高い効果が期待できるのがポイントです。

ダウンタイムも短いのがメリットですが、きちんとアフターケアをすることが大切です。

アキュシェイプの施術を受けたい場合には、アフターケアをしっかり行なっているクリニックを選び、高い技術を持った医師が施術を行なっているところを選びましょう。

広範囲の脂肪減少の治療ではなく、ボディにメリハリをつけることができる、部分痩せをしたいという方にもピッタリの方法です。

アキュシェイプのアフターケア

アキュシェイプのアフターケアが大切な理由

アキュシェイプは一度の施術でしっかりと効果を実感することができます。

従来の脂肪吸引では、吸引したあとに皮膚のたるみが出やすいというデメリットがありましたが、この施術では脂肪を溶解しつつコラーゲンの生成も行ってくれるので、たるみが生じるのを防ぐ効果もあります。

このようにメリットの多い治療法ですが、アフターケアが仕上がりを左右するため、術後のケアが大切です。

ポイントは安静に過ごすことと圧迫固定をすることです。

ダウンタイムはおよそ2週間程

アキュシェイプで効果的に痩せることができる部位は、主に二の腕、上腹部、下腹部、太もも、顔などがあげられます。

施術時には麻酔を使用するため、痛みはほぼありません。メリットは、一度の施術で脂肪溶解と、脂肪吸引ができることです。

切開部分も小さく、傷あとが残りにくいのが特徴の治療のため、施術後は美しい仕上がりが期待できます。

ダウンタイムはおよそ2週間程で、圧迫固定は必要ありません。

リスクとしては、体質によってダウンタイムが長くなること、医師の技量によって満足のいく効果が得られない点です。事前のカウンセリングでアキュシェイプに向いているかどうかをしっかり相談しましょう。

施術後に腫れや内出血が発生した場合には、ダウンタイム時のアフターケアが大切です。

アフターケアをしっかりと行なうことでたるみがなく、引き締まった状態へ導くことができます。

また、修正をしたい場合には、修正手術を行なうことができる場合もありますので、治療を受けたクリニックに相談しましょう。

信頼できるクリニックをご紹介

他の脂肪吸引と比べて負担が少ないとは言っても、体に傷が付いた状態であることに変わりはないため、激しい運動などは厳禁です。

また、術後に行われる圧迫固定はきれいなラインに仕上げるために行われるものなので、自分の判断で外したりしないようにしましょう。このように術後の対応もきちんとしてくれるクリニックを選びましょう。

当相談所では全国の信頼できるクリニックをご紹介をしておりますので、アキュシェイプの施術をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*