脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

顔(顎)の脂肪吸引の修正が可能な場合、不可能な場合

二重あごに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。太っていることで二重あごになっている場合は、ダイエットで解消できますが、
それほど太っていないのに、二重あごになっている人は自力で解消するのは難しいでしょう。顔痩せは自分の努力だけで実現するのが難しいものです。
小顔になりたい、美しいフェイスラインを手に入れたいという人は、思い切って美容外科で顔(顎)の脂肪吸引手術を検討してみてはいかがでしょうか。
何と言っても即効性があることが魅力です。
そうは言っても顔の手術なので、ためらってしまう人も多いと思います。
安心して手術を受けるためには、何が不安でどんな疑問を持っているのかを明確にし、それについての答えを探してみましょう。
「どんな手術をするのか」、「傷跡が残ることはないのか」、「仕事を休めないけれど、ダウンタイムはどの程度なのか」、「失敗してしまった場合、修正はできるのか」、など様々な不安があるでしょう。
顔(顎)の脂肪吸引手術を受ける前に、これらの疑問を解消しておきましょう。
顔(顎)の脂肪吸引の修正

1か月で実感

顔(顎)の脂肪吸引手術は、麻酔を行った後、目立たない部分を数ミリ切開し、そこから脂肪を吸引します。
吸引が終わったら傷口を縫合して終了です。
術後は、腫れが強く出ますので、1週間くらいは知人に会わなくてすむよう休暇を取ったほうが良さそうです。
1ヵ月経つと効果を実感できるようになります。顎下はもちろん、フェイスラインもスッキリします。
顎の脂肪吸引で失敗と言うのはほとんどないと言われていますが、失敗してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。
脂肪を取り残してしまったり、しこりが出来てしまった場合は、凹凸ができてしまいます。
この場合は、しこりを柔らかくする効果のある注射をすることで修正します。
また、左右差が出る場合もあり、その場合は再度吸引することで修正します。
年齢が上の方の場合は顎の下に縦じわが出来ることがあります。縦じわができてしまった場合は、顎の下を切開して筋肉を縫い合わせる手術が必要です。
失敗しても修正は可能ですが、もともと顔(顎)の脂肪の量が少なかった為、効果を感じられないというリスクもあります。
医師とよく話し合って手術の効果が期待できるかどうか確認することが大切です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*