脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

顔(顎)の脂肪吸引の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

「顔の印象」はその人の印象自体を決めてしまうほど重要な部分であるため、顔全体がむくみがちで腫れぼったい印象に見られがちな方や、生まれつきの丸顔の方がスッキリとしたシャープな顔立ちになりたいなどの要望で行われる整形手術の一つが「顔(顎)の脂肪吸引」です。

顔(顎)の脂肪吸引は頬下の脂肪を少量取るだけで小顔効果にもつながりやすいですが、一方で皮膚自体が柔らかすぎるといった特徴があるがために、「一度に多くの脂肪を取りすぎてしまった」などの医師の技術力の違いによって「頬がこけて老け顔に見える」といった術後の仕上がりの見栄えに影響を及ぼすなどの失敗につながる可能性がある治療でもあります。

また逆に「脂肪の摂り過ぎ」は、老け顔だけではなく手術後の「二重あご」を作ってしまうという失敗にもつながります。

これは脂肪を過剰に取りすぎたことで皮膚がたるみ、小顔になるつもりが二重あごになって余計に膨張した顔立ちになってしまったという失敗にもつながり、このようになった場合は修正手術を再度受けなければ元通りに戻りません。

顔(顎)の脂肪吸引手術を受ける前に、もし失敗した場合に修正が可能どうか確認しましょう。ここでは顔(顎)の脂肪吸引の修正についてご紹介いたします。

1か月で実感

顔(顎)の脂肪吸引手術は、麻酔を行った後、目立たない部分を数ミリ切開し、そこから脂肪を吸引します。

吸引が終わったら傷口を縫合して終了です。

術後は、腫れが強く出ますので、1週間くらいは知人に会わなくてすむよう休暇を取ったほうが良さそうです。

1ヵ月経つと効果を実感できるようになります。顎下はもちろん、フェイスラインもスッキリします。

顎の脂肪吸引で失敗と言うのはほとんどないと言われていますが、失敗してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。

脂肪を取り残してしまったり、しこりが出来てしまった場合は、凹凸ができてしまいます。
この場合は、しこりを柔らかくする効果のある注射をすることで修正します。

また、左右差が出る場合もあり、その場合は再度吸引することで修正します。

年齢が上の方の場合は顎の下に縦じわが出来ることがあります。

縦じわができてしまった場合は、顎の下を切開して筋肉を縫い合わせる手術が必要です。

失敗しても修正は可能ですが、もともと顔(顎)の脂肪の量が少なかった為、効果を感じられないというリスクもあります。

医師とよく話し合って手術の効果が期待できるかどうか確認することが大切です。

 

 

顔(顎)の脂肪吸引の失敗として考えられること

上手な医師・クリニックの特徴

顎の脂肪吸引をする場合、失敗して修正手術を行わないためにも、上手な医師を選ぶことが大切です。

上手な医師の特徴としては、事前のカウンセリングでしっかりとデメリットやリスクを説明してくれ、患者一人一人の脂肪の量や骨格に応じた施術を行ってくれます。

脂肪吸引というのは、脂肪をできるだけ多くとればよいというわけではなく、適量をバランスよく吸引していくことが大切です。

顎や顔には、もともとそれほど多くの脂肪がついているわけではなく、とりすぎてもとらなすぎてもどちらも悪い結果となり、修正が必要となってしまいます。

よく患者が希望すれば安易に治療を引き受けてしまうクリニックも少なくありませんが、脂肪吸引が向いているかどうかの判断も大変重要で、無理に脂肪吸引手術をすすめないような医師が名医といえます。

事前の無料カウンセリングでは、患者の悩みを機器、どんなささいな悩みであっても、不安を解消できるように丁寧に説明してくれます。

脂肪吸引の手術というのは、医師のセンスも重要で、どんなに技術が高くても、センスが悪ければ患者が望んでいるフェイスラインを作り出すことができませんから、信頼できる医師、センスの良い医師を選ぶことが大切です。

失敗例・顎の脂肪吸引の危険性と修正の流れ

顔(顎)の脂肪吸引は医師による手術自体の技術力の違いによって失敗につながるだけではなく、クリニックによっては設備投資などにも違いがあるため扱われる脂肪吸引器が旧式のモデルで手術を行う場合があります。

このような旧式の吸引器を扱って出術を行う場合は、顔(顎)周辺の組織まで傷つけてしまったり、取り除く脂肪量も少ないのが旧モデルの脂肪吸引器の特徴でもあるため、取りムラや取り残しが当然起こりやすいです。

そのようになった場合は結果的に「顔全体が引っ張られてような引きつれた感覚が残る」「頬のたるみ」などの原因にもつながります。

その他には医師のデザイン不足によっても頬の左右差にばらつきが生じたり、皮膚の表面に段差が生じたり、全体的にバランスが悪いといった失敗にもつながりやすいです。

また手術後のマッサージなどのアフターケアや指導など、万全なサポート体制が充実していないクリニックであれば、「内出血やむくみが引かない」「肌全体が色素新着してしまった」という結果にもつながる可能性があります。

顔(顎)の脂肪吸引の失敗

顔(顎)の脂肪吸引の失敗でたるみがでるってどういうこと?

脂肪吸引で起こるたるみの原因とは。

顔(顎)の脂肪吸引の失敗によって、たるみが出来てしまう可能性があります。また、脂肪吸引によって特に顎下から下へ向かって行う場合では、縦の皺が起きてしまう事があるため、医師とのカウンセリングを細かく行う事が重要です。

脂肪吸引特有の皺などが出来てしまう可能性は、年齢が増す毎に高まってきます。そのため、どの程度の脂肪を吸引するか、吸引する場所を正確に把握する事が失敗を起こさせない鍵となります。

脂肪吸引によるでこぼこが起きやすい条件とは

顔(顎)の脂肪吸引によって顎下から下にかけて、でこぼことした見た目になる可能性があります。この原因は、脂肪を均一に吸引が出来ていない事によって起こります。そのため、脂肪吸引を行う医師の技術や経験が最も重要となります。

また、脂肪吸引を行ってしばらくは見た目も綺麗で問題がない様に見えていても、年齢を重ねると共に皮膚の表面が不自然な凹凸となる事もあります。そういった経年変化も視野に入れて医師と相談する事が重要です。

脂肪吸引で起こる皮膚の段差とは

顔(顎)の脂肪吸引は、皮膚の薄い方に急激に過剰な脂肪を吸引する事によって、段差が起きてしまう可能性があります。

特に皮膚の薄い方や皮膚のたるみが手術前にある事で起こりやすくなります。また、患者の強い要望によって過剰な脂肪が吸引される事で、皮膚のでこぼこや段差が起こり、手術後の経過年数が増す毎に強く出る可能性が高くなります。

医師とのカウンセリングで、どの程度の脂肪吸引が可能なのかを相談し把握しておく事が重要です。

顔(顎)の脂肪吸引の修正

脂肪吸引に失敗しない為にも名医を根気よく探す事が大切です

顔(顎)の脂肪吸引では、様々な知識と経験、高い技術を要します。

患者の目的とするラインをどの程度まで叶える事が出来るのかを把握する事が医師に求められます。

脂肪吸引でたるみやでこぼこなど、失敗による見た目の問題を防ぐためにも名医を選ぶようにしましょう。

また、医師とのカウンセリングもとても重要です。

自分が求めるフェイスラインを手に入れるには、脂肪吸引が適しているのか、このクリニックで合っているのかを判断する場にもなります。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

当相談所では、顎の脂肪吸引でおすすめのクリニック・美容外科をご紹介しております。

一部の美容外科で行っている顔の脂肪吸引は、直径1.4~1.6ミリの極細のカニューレを使用していきますから、手術跡もほとんど残りませんし、特殊な中性麻酔を行っていきますから、麻酔の痛みもほとんどありません。

そのほかにも、手術にかかる時間は20分程度のところもありまして、当日帰宅も可能で、気軽に施術を行えるという特徴があります。

顎の脂肪吸引は、筋肉の発達や骨の発達と脂肪の量をきちんと見極めることが大切です。
経験豊かな医師であれば、カウンセリングできちんと見極めることができます。

顎の脂肪を吸引したといっても、顔全体のバランスが悪くなってしまっては意味がありませんから、顔全体のバランスを整えることも失敗しないためには重要です。

下顎の筋肉が発達している人の場合、脂肪をとるのが難しく、とりすぎてしまうとバランスが崩れて表面がでこぼこになってしまうことがあります。

また、口のまわりから頬にかけて、筋肉のせいで顔がふっくらとしているような人は、脂肪をとったからといって効果を実感することができませんから、事前のカウンセリングできちんと診断してもらうことが大切です。

脂肪吸引・痩身整形(太もも・お腹・二の腕など)の名医紹介-失敗と効果


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*