脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

顔(顎)の脂肪吸引のダウンタイム期間にしてはいけないこと

美容の一環としてダイエットをして脂肪を落とす努力をしている女性は少なくありません。
しかしどんなに痩せても顔(顎)の肉だけがなかなか落ちないという人がいます。
これはそもそもの骨格も多少は関係していますが、やはり身体を動かしてダイエットをすると動かしている部分だけがどんどん細くなって顔(顎)にまで追いつかないという理由も考えられます。
こうした場合には脂肪吸引という方法で身体とのバランスをとっていくのも良いでしょう。
脂肪吸引と言うと身体のイメージがありますが、頬や顎などであっても同じ要領で行なう事が可能です。
切開部分は身体の脂肪吸引を行なう場合よりも小さくて済みますし、目立たないように対処してくれますから安心です。
しかしダウンタイムは誰にでもあり、施術後いきなりほっそりとした輪郭になるのではなく、腫れなどによって膨れて見える事もありますから、この時期は無理に表情筋を動かして痩せようとしないようにしましょう。
顔(顎)の脂肪吸引のダウンタイム

安静が第一

顔(顎)の脂肪吸引を行なってから、実際にシャープなフェイスラインを実現するまでの期間をダウンタイムと言いますが、この期間には痛みや腫れ、内出血などの症状を伴う場合があります。
脂肪吸引をする時には切開してホースを注入しますから、傷口が出来るわけです。
この傷口には施術中もちろん麻酔が効いていますが、施術後には麻酔が徐々にきれて感覚が戻ってきます。
顔(顎)ですから、虫歯で歯が痛い時のような感覚に襲われる場合もありますし、ちくちくとするような痛みの場合もありますし、その強さも人それぞれです。
医療機関ではそれに対処するための薬も処方されますから、それを飲んで、ある程度の痛みは我慢する必要があるでしょう。
身体を動かして紛らそうとすると逆に患部が腫れたりして思わぬトラブルを起こし兼ねませんから、数日は安静にしておく事も忘れてはなりません。
顔であれば身体を安静にする必要がないように思われますが、どの部位であっても同じような注意が必要です。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*