脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗
脂肪吸引・痩身整形の名医|お腹や太ももや二の腕への効果と失敗

行く前に知っておきたい!顔(顎)の脂肪吸引のデメリット

二重あごをどうにかしたいと思った時に真っ先に思い浮かぶのがエクササイズです。
二重あご解消のための様々なエクササイズが紹介されており、挑戦してみた方も多いのではないでしょうか。
しかし、エクササイズで効果を感じるには相当長い間続ける必要があり、途中で挫折してしまうことがほとんどでしょう。
挫折することで精神的にはさらに落ち込んだ状態になってしまいます。
効果の出ない方法を続けて悩んでいるよりは、思い切って美容外科での脂肪吸引を検討してみるのも一つの方法かもしれません。
検討する際には、施術を受けることのメリットとデメリットを知っておく必要があります。
顔(顎)の脂肪吸引によって、顔が小さくなり、フェイスラインがはっきりすることになりますので、顔の輪郭がシャープになります。
また、顔(顎)の脂肪吸引を受けることで将来的なたるみの予防もできます。
二重あごの原因が脂肪ではなく、皮膚のたるみの場合は、この施術を受けても効果を感じることはできません。
顔(顎)の脂肪吸引のデメリット

施術法

顔(顎)の脂肪吸引はどのような方法で行われるのでしょうか。
まずは脂肪吸引範囲に局所麻酔の注射を行ないます。
麻酔はすぐに効くので手術中の痛みはありません。
麻酔注射自体の痛みも防ぎたい場合は、眠る作用のある点滴で麻酔をしてもらうと全く痛みを感じることがありません。
麻酔が終ったら、顎先の見えないところの皮膚を数ミリ切開します。
その後、切開した場所から吸引管を使って吸引を行ないます。
吸引後は傷口を縫合して手術は終了となります。
確実な効果を感じることができますが、デメリットもあります。
施術を受けたにも関わらず、あまり見た目が変わらなかったということもあります。
吸引できる脂肪量が少量のため、必ずしも大きな変化があるとは限らないのです。
また、吸引する量が多すぎて、肌がたるんでしまい、二重あごになってしまう可能性もあります。
体に比べ、術後に腫れやすく引きにくい点もデメリットと言えるでしょう。
顔(顎)の脂肪吸引を受ける前に、医師と十分なカウンセリングを行い、メリット、デメリットについてきちんと理解しておくようにしましょう。

失敗しないための脂肪吸引の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
一人でも失敗患者を減らすため、美容整形の名医を紹介しております。全クリニックのランキングを修正確率をベースに集計しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*